JCB、スマートシティに関するグローバル・オープンイノベーション・プログラム「SmartCityX」に参画

SAN 株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川 一郎、以下 JCB)は、Scrum Ventures LLC(以下「スクラムベンチャーズ」)が主催するグローバル・オープンイノベーション・プログラム「SmartCityX」に参画します。 「SmartCityX」は、大企業と世界中のスタートアップが協働し、産業や技術の視点ではなく、生活者目線で価値の高いサービス及びアプリケーションを創出するグローバル・オープンイノベーション・プログラムです。当社はお客様一人ひとりのニーズにあったサービス実現に向け、本プログラム参加企業様との共創を行ってまいります。

■背景および目的 昨今、急速なデジタル化が進展するとともに、コロナ禍で人々の暮らしが変容しています。「Society 5.0(※1)」の実現により、地域や年齢等の格差なく、個々の多様なニーズへきめ細やかに対応したサービスを提供し、経済発展や社会的課題の解決に繋げていくことが求められています。 こうした中、当社は多様な生活シーンでの決済を可能とする『マイクロペイメント(少額決済)』や、IoTによって連携される様々なデバイス同士が自動で契約~決済までの処理を行う『M2M(Machine to Machine)決済』等の新たな決済ソリューション、デジタルで管理された個人の属性情報をオンラインで安全・安心に活用する『デジタルアイデンティティ基盤』等の実現により、経済発展や社会的課題の解決に貢献してきたいと考えています。 生活者目線で、これらを実現するためには、様々なパートナー様とのオープンイノベーションの取り組みと、実際の生活の場を想定した実証が不可欠であることから、新たな価値を生み出すイノベーションプラットフォームとしての「SmartCityX」のビジョンに賛同し、本プログラムに参画することといたしました。 ■「SmartCityX」概要 ●SmartCityX は、各業界をリードする大企業とともに、世界中の最先端のスタートアップと「未来のまち」を共創するグローバル・オープンイノベーション・プログラムです。デジタル化やコロナの社会変容を前向きな未来への変革の機会と捉え、産業や技術の視点ではなく、生活者目線で価値の高いサービス・アプリケーション共創し、社会課題の解決にとどまらず、より豊かで充実した暮らし、ウェルビーイングの実現に取り組みます。 ●主催:スクラムベンチャーズ ●公式ウェブサイト:https://www.smartcity-x.com/ ※1 Society5.0について 内閣府の第5期科学技術基本計画において、日本が目指すべき未来社会の姿として提唱されました。サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会課題の解決を両立する、人間中心の社会を指します。 内閣府HP https://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/ 【株式会社ジェーシービーについて】 日本で唯一の国際カードブランドを運営する企業として、1961年に設立し、JCBカードを利用できる加盟店ネットワークを展開するとともに、アジアを中心に国内外のパートナー企業とJCBカードの発行を拡大しています。また、総合決済サービス企業の実現を目指し、お客様やパートナー企業(の皆様)の期待にお応えする様々な事業を展開しています。 【スクラムベンチャーズについて】 スクラムベンチャーズは、数多くのイノベーションが起こり続けるシリコンバレーと東京を拠点とし、新しい技術やサービスで世界を変えるアーリーステージのスタートアップに投資を実行しています。大企業のオープンイノベーションを支援するスタジオ事業では、各業界を代表する大企業パートナーと共に、アクセラレータープログラム、共同事業創造などを行っています。また大企業とスタートアップをつなぐオンラインプラットフォーム「Scrum Connect Online」も提供しています。スクラムベンチャーズは、日本企業と世界中のスタートアップとの新たな事業、価値創造をドライブします。 FRANCISCO, Feb. 2, 2021 /PRNewswire/ -- Scrum Ventures today revealed it has chosen 95 stage-agnostic startups to participate in SmartCityX, its global open innovation program focused on bringing a diverse mix of startups together along with some of the most iconic Japanese corporations and industry thought-leaders to better restore the vibrancy, appeal, and hope in cities across the globe.

"With the help of our program partners, we have chosen an incredible mix of innovative startups, including many that have already made an impact on cities around the globe," said Michael Proman, Managing Director, Scrum Ventures. "We are excited to begin collaborating with the participants, alongside our incredible corporate and municipal leaders to redefine the smart city category and place a particular emphasis on technologies that make cities more equitable and inclusive."

The program has chosen best-in-class, stage-agnostic startups from around the world with the aim of putting technology, data, and resources to work to make better decisions and enhance the quality of life for our diverse communities. SmartCityX startups fall into six pillars: Consumer Products & Services, Mobility, Smart Buildings, Connectivity & Infrastructure, Social Innovation, and Energy, Resources & Sustainability.

95 companies were selected to participate in the inaugural program, including:

  • Aurora Labs (Israel) – Provider of remote software management, remote diagnostics, and over-the-air (OTA) updates for the automotive and IoT industries.

  • BlocPower (USA) – Energy technology provider rapidly greening American cities.

  • ClimaCell (USA) – Delivering actionable weather insights around the world.

  • ExaWizards (Japan) – Solving social issues through Artificial Intelligence for future generations.

  • Everledger (UK) – Helping businesses surface and converge asset information, using a symphony of secure technologies, including blockchain, AI and IoT.

  • Innoviz Technologies (Israel) – Provider of high-performance, solid-state LiDAR sensors and perception software that enable the mass production of autonomous vehicles.

  • Kiwibot (USA) – Provider of affordable delivery services for local commerce around the world.

  • Lazy Co. (India) – Redefining the way consumers use smartphones

  • May Mobility (USA) – Transforming cities through autonomous technology to create a safer, greener, more accessible world.

  • Misapplied Sciences (USA) – Technology that allows a hundred or more viewers to simultaneously share a digital display, sign, or light and each see something different.

  • Scanwell Health (USA) – Making healthcare more accessible through smartphone-enabled, at-home diagnostics.

  • Sensible 4 (Finland) – Developer of software for all-weather autonomous vehicles.

  • Shelf Engine (USA) – Reducing food waste by transforming how grocery stores buy highly perishables.

  • Zensors (USA) – Pioneering active deep learning platform that dynamically adapts to optimize your environment.

The program, which will kick-off on February 12th, will conclude with Demo Day later this Spring.

For more information on Scrum Ventures and SmartCityX, please visit: https://en.smartcity-x.com/


About Scrum Ventures Scrum Ventures is an early-stage venture firm investing across a range of industries in the U.S. and Japan. Based in San Francisco with extensive experience and networks in both Silicon Valley and Japan, Scrum Ventures accelerates portfolio companies with global opportunities and helps corporations innovate. Scrum Studios is a platform that connects startups and Japanese global corporations. Learn more at https://scrum.vc/


プレスリリースはこちらからご覧いただけます。


  • ブラックTwitterのアイコン
  • Twitter
  • ブラックLinkedInのアイコン

JA

EN

EN

© Copyright 2020 Scrum Ventures

Logo_SmartCityX_x1.png