スマイルロボティクスが国内唯一のロボットスタートアップとして、グローバル・オープンイノベーション・プログラム「SmartCityX」に採択

スマイルロボティクス株式会社(本社:東京都文京区本郷、代表取締役社長:小倉崇、以下「スマイルロボ」)は、この度Scrum Ventures LLC(本社:米国サンフランシスコ市 ジェネラルパートナー:宮田拓弥)が主催するグローバル・オープンイノベーション・プログラム「SmartCityX」に採択されました。 このプログラムには、世界39の国や地域・計351社のスタートアップから応募があり、その中から世界20ヶ国・95社のスタートアップが採択されました。スマイルロボは日本国内唯一のロボットスタートアップとして採択され、本プログラムに参加致します。(米国のロボットスタートアップは数社採択あり)

Smile Robotics x Smar City スマイルロボはこれまで飲食店向けに「配膳・下膳ロボット "ACUR-C"」の開発を行って参りました。 そして今回、本プログラムへの参加を機に、外食産業以外への展開も検討開始致します。特にSmart Cityの実現に向け、スーパーマーケット・ドラッグストア・ホームセンター・コンビニエンスストア・ショッピングモール・百貨店・アパレル店などの小売店や、宿泊施設・介護施設・医療施設などの各種施設に展開出来る汎用ロボットの開発も進めていく予定です。 まずは、2月中旬に開催予定のキックオフイベント以降、『SmartCityX』に参加するパートナー企業やサポーター企業、オブザーバー自治体とともに、具体的な事業開発の検討を開始します。 大企業との事業共創に向けた検討を加速し、“Society 5.0 × New Normal” の原動力となる生活者目線のDXを推進し、一人ひとりのニーズにあった選択があり、多様な幸せが実現できる社会づくりを目指してまいります。 ■この度採択された「SmartCityX」とは 「SmartCityX」は、デジタル化やコロナ禍の社会変容を前向きな未来への変革の機会と捉え、各業界を代表する大企業と世界中のスタートアップが協働し、産業や技術の視点だけではなく、生活者目線で価値の高いサービス及びアプリケーションを共創するグローバル・オープンイノベーション・プログラムです。



SmartCityX - Scrum Ventures LLC

  • 主催:スクラムベンチャーズ

  • パートナー企業:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、出光興産株式会社、ウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社、積水化学工業株式会社、西日本電信電話株式会社、日本ユニシス株式会社、株式会社博報堂、東日本旅客鉄道株式会社

  • サポーター企業:味の素株式会社、株式会社ジェーシービー、スズキ株式会社、株式会社ディー・エヌ・エー、ライオン株式会社

  • オブザーバー自治体:福井県、三重県、茨城県鹿嶋市 / 株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー、東京都渋谷区、大阪商工会議所

  • リソースパートナー:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社、CIC Japan合同会社、日本貿易振興機構(ジェトロ)

  • 公式ウェブサイト:https://www.smartcity-x.com/

  • 公式ツイッター:@Smartcity_x_jp

  • 開催期間:2020年8月から2021年6月迄を予定

■飲食店向けに開発をしている「配膳・下膳ロボット "ACUR-C"」とは 人手不足や人件費高騰に悩まされ、更にコロナ禍で苦しむ飲食店に対して、配膳・下膳を全自動・非対面で行えるようにし、スタッフは「人にしか出来ないおもてなし業務」に注力することで、飲食店のオペレーション改善および売上・利益貢献を目指して開発中のロボットです。 その大きな特徴は、 ・既存の配膳ロボットとは異なり「ロボットアーム」を有する ・既存の配膳ロボット同様に「自律移動」が可能である これらによって「つかむ」「はこぶ」を完全自動で行い、店員もお客様もお皿の乗せ換えをする必要がなくなり、配膳・下膳の無人化を実現しました。

※ACUR-C:Autonomous Clear Up Robot Type-C(読み方:アキュラシー)

動画URL:https://youtu.be/SS1RcKphteo


※この成果は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業 の結果得られたものです。


プレスリリースはこちらよりご覧いただけます。